茨視協の活動

事業紹介

茨視協は、人間愛の精神に基づく組織的な活動によって、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、視覚障害者等が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、下記の運営方針にて福祉事業を行なっています。

      平成31(2019)年度運営方針 

      平成31(2019)年度事業計画 

各種行事・イベント


理事会・評議員会

茨視協では、毎年度の決算の承認や事業計画、役員の選任などの重要な事項を決定するため、理事会を年4回、評議員会を年1回定時に開催するほか、必要に応じて臨時に開催することとしています。以下、ここ1年間分の理事会及び評議員会の議事録を掲載します。

  評議員会の議事録  評議員会議事録

             理事会議事録

調査・要望活動

茨視協並びに日盲連では、毎年度、県や県議会、市町村、政府等に対し、視覚障害者福祉の向上に向けた要望・陳情活動を行っています。

・ タンデム自転車の公道走行解禁に関する要望について
      平成30年12月27日 茨城県・茨城県警察本部へ実施

・ 障害者の雇用に関する要望について
      平成30年11月15日 茨城県・茨城県教育委員会・茨城県人事委員会等へ実施

・ 視覚障害者福祉の充実にかかる要望について(県保健福祉部障害福祉課)
      平成29年12月18日 課長との面談実施


地域団体の活動

茨視協を構成する会員の方々が、地域で活動する様子を紹介します。

入会のご案内・申し込み

視覚障害者が地域社会において自立した生活を営むために、多様で充実した福祉サービスを求めているところですが、これらを実現するためには、より多くの結集した力が不可欠です。

  詳細はこちら →